資格について|医療事務のメリットを知って求人情報をチェック!

求人で有利になるには医療事務の資格を取得しておこう

資格について

女の人

資格を取得しておこう

結論から言うと、医療事務で働くために資格などが必ず必要というわけではありません。しかし、他の事務関係とは違った専門知識が必要なので資格を得ていた方が働きやすくなります。また求人を探す際にも、資格を持っていた方がチャンスを得やすいと言えるでしょう。

持っていると良い資格

医療事務は、看護師などとは違って国家資格がいりません。医療事務で働くにあたって持っていると良い資格は、民間資格と呼ばれるものです。それは、医療事務技能審査や診療報酬事務能力といった試験が2つあります。それらを受けて合格すれば取得可能です。

人気の求人であることを知る

医療事務は非常に人気が高い仕事だといえます。そのため、資格を取得していても競争率は高いと思っておいた方が良いです。しかし、経験者を優遇しているところも多いので再就職でも有利になるでしょう。大阪でも医療事務は求人が出ているので、求人先を探してみると良いですね。

医療事務のお仕事について

医療事務は年齢層の幅を教えて下さい

医療事務の仕事は、年齢に関係なく働けるといった特徴があります。そのため、年齢の幅はとても広い職業で、最年少では10代から60代の方が働いています。

資格がないと働けませんか?

いいえ、働けます。医療事務は資格がなくても働くことが出来ます。しかし医療に関する事務のため、他の事務とは違った知識が必要になるので、資格を持っていた方が働きやすいでしょう。

ざっくりとした仕事内容が知りたいです

病院を利用したことがある人であれば、ご存知だと思いますが、医療事務の仕事内容は患者さんが来たときの受付をします。そして、治療費の請求書を作成する仕事、会計といった流れになります。

未経験でも働けますか?

はい、働けます。医療事務には必ずしも必要な資格や学歴がいらない為、未経験の方でも働くことは可能です。そのため基礎をきちんと勉強している学力であれば問題はありません。

パソコンを使用する仕事ですか?

使用します。そのため、基本的な操作が出来ることが求められます。基本操作が出来れば問題ないので、不慣れであれば研修を受けるなどの工夫が必要です。

医療事務の一日の流れ

迎え入れる準備

病院は基本的に午前中である朝からのスタートが多いです。そのため、出勤時間に余裕を持って出勤します。そして、病院が開く前には院内の掃除や準備を始めていきましょう。患者さんたちを迎え入れる準備は大切な作業だからです。

受付時間に合わせてスタート

働く先での病院の受付時間によって勤務時間がスタートします。午前中から始まるところが多いので、受付していった順に事務処理をしていきます。

事務処理をこなしていく

午前の受付が終了したら、昼休みに入ります。昼休みが終わると、午後も同じく受付やレセプト業務、会計の順で事務処理をしていきます。

受付終了して片付けに入る

受付終了時間は決まっているため、定時になって患者さんたちが帰られたら会計確認をするなどの作業に入ります。それらが終了したら、片付けを終えて業務終了です。